仕事で多忙でなかなか会えない彼に寂しさや不安の気持ちをぶつけ続けた結果、彼に振られてしまった女性が『わずか一ヶ月の冷却期間』の実施で彼との復縁を成功させることが出来るのか?というお話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、りんごさんという方から
こんな復縁相談を頂きまして。

彼と復縁したいです。

一年以上付き合った彼から振られました。

彼は先日、仕事で昇進したため、忙しくなりました。

今まで私は彼の仕事を理解せず、
理解していても自分の寂しい気持ちや不安な気持ちを彼にぶつけて、
会えないことを怒ってしまったりしていました。

そのことが彼にとって積み重なり、とうとう別れを切り出されました。

彼は「別れたい」の一点張りでしたが、
私が「このまま終わりは嫌だ」と縋った結果、

「最低でも一回距離を置かないと無理」だと彼から言われて、

私から「わかった。付き合う前の友達の関係に戻ろう」と言いました。

それに対して彼は「わかった。」と承諾してくれて、
「連絡も会うのもいいよ」とはその場では言ってくれました。

私が縋って早く帰りたがる彼を引き止めていたこともあり、
適当に言ったのかもしれませんが、
私には適当に言ったようには思えませんでした。

これから1ヶ月ほど連絡せず、
自分の良くないところをもう一度深く反省して改善して
久しぶりに連絡を入れてみようと思うんですが、どうでしょうか。。

彼はもう完全に終わりと考えているのでしょうか。

では、僕・よしのぶの意見ですが、

これから1ヶ月ほど連絡せず、
自分の良くないところをもう一度深く反省して改善して
久しぶりに連絡を入れてみようと思うんですが、どうでしょうか。。

とのことですが、わずか1ヶ月で
彼に嫌われることになった要因であります
りんごさんの性格の未熟さを

【彼からものすごく信頼されて愛される】
というレベルにまで改善・向上させることは可能でしょうか?

りんごさんが心から自信を持って

「1ヶ月もあれば十分に
彼の心をつかめる魅力も自信も私は手に入れることが出来るよ!
楽勝だよ!(笑)」

という意味の言葉を
誰に対しても言えるのでしたら

これから1ヶ月ほど連絡せず、
自分の良くないところをもう一度深く反省して改善して
久しぶりに連絡を入れてみようと思うんですが、どうでしょうか。。

に対します僕・よしのぶの見解は
「それでいいと思う」になります。

ですが、彼と一年以上もお付き合い出来ていたのに、

今まで私は彼の仕事を理解せず、
理解していても自分の寂しい気持ちや不安な気持ちを彼にぶつけて、
会えないことを怒ってしまったりしていました。

そのことが彼にとって積み重なり、とうとう別れを切り出されました。

ということですから
残念ながら今のりんごさんは
彼から信頼を相当失ってしまっているはずです。

なので、
彼からの信頼を相当失ってしまった今のりんごさんが

これから1ヶ月ほど連絡せず、
自分の良くないところをもう一度深く反省して改善して
久しぶりに連絡を入れてみようと思うんですが、どうでしょうか。。

わずか1ヶ月でりんごさんご自身を
【彼からものすごく信頼されて愛される】
というレベルにまで改善・向上させるというのは
なかなか難しいのではないかと僕・よしのぶは見ていますし、

そして何より、
りんごさんに対する信頼も好意も持てなくなってしまった彼としては
わずか1ヶ月程度の冷却期間では彼からの印象の向上は
残念ながらほとんど見込めないとよしのぶは見ています。

変化を相手に伝えることは大事です。

けれども、あくまでもそれは
「すでに変化していることが大前提」です。

なので、
りんごさんが確実に彼との復縁を成功させたいのであれば

これから1ヶ月ほど連絡せず、
自分の良くないところをもう一度深く反省して改善して
久しぶりに連絡を入れてみようと思うんですが、どうでしょうか。。

そうやって焦って
早く彼との復縁を実現させようとするのではなく、

まずはしっかりと
りんごさんご自身を【圧倒的に】
変化・成長させることにだけ集中されることと、

そして、誰が見ても確実に
りんごさんご自身を【圧倒的に】変化・成長させることが出来ている、
という【確実なる成果】を挙げること、

この2点にだけ今は集中されることを
よしのぶはりんごさんに強くお勧めいたします。

何事も【急がば回れ】です。

つまり、
確実な復縁成功を実現させたければ
近道を焦って通ろうとするのは愚作である
ということです。

たとえ時間が結構掛かっても
【まず確実に最優先で行うべきこと】にだけ集中し、

そして、
【まず確実に最優先で行うべきこと】で
【確実なる成果】を挙げる。

一見、これは遠回りな道かもしれませんが、
【遠回りの道こそ成功への最短の道】です。

まずはしっかりと
りんごさんご自身を【圧倒的に】変化・成長させることにだけ
最優先なさってください。

でなければ、彼からの信頼も好意も得ることは叶いませんので。

りんごさんが確実かつ圧倒的に自分を変化・成長させることが出来てこそ
彼に再接触できる(=冷却期間の終了)ということになりますので。

・・・・・

ここまで読んで頂いて、あなたはどうお思いになられましたでしょうか?

りんごさんのように
あなたも愛するお相手に振られてしまったために

出来る限りは焼くお相手に再接触したい、
というお考えやお気持ちは少なからずあるかと思いますが、

あなたもりんごさんのように
自分自身が原因で愛するお相手からの信頼を大きく失ってしまったのであれば

愛するお相手からの信頼を獲得するために
あなたがまず最優先で行うべきことは
愛するお相手に対してどう接触するのかではなく、

【あなたご自身の圧倒的な変化・成長にまい進したうえで
自分をきちんと変化・成長させることが出来たという一定の成果を挙げること】

です。

自分自身を変化・成長させることが出来ていない状態で
どんな方法を使ってお相手に再接触を行っても

信頼してくれなくなったお相手からの印象は
残念ながらそう簡単には変わりませんので。

いかがでしょうか。

この記事が少しでも
あなたの復縁成功のお役に立てましたら
よしのぶとしましては幸いです。

応援してます!^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

復縁に関するアンケートにご協力下さいませ。