冷却期間終了後にお相手に対して自分の成長をどうアピールすれば復縁成功に進めるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
※初めてこのブログに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

冷却期間を実施している復縁希望者さんたちから
多く頂くご質問のひとつが

『冷却期間中に自分磨きをする必要性と大切さは理解できたが、 冷却期間が終わって、お相手に対して 自分の成長した姿をどのようにアピールすればいいの?』
ですね。

いくら自分を磨いて高めても
その成長ぶりをお相手に上手く伝えられなかったら
お相手の心に響かないのでは??

という不安を
どうしても感じてしまう人が多いのでしょうね^^;

もちろん、その不安は理解できます。

ですが、不安に怯える必要はありません。

自分をしっかりと磨いて高めていれば。

自分の事をもっともっと好きになれていれば。

自分に対する自信を
もっともっと持てるようになれていれば。

よくマンガでもある展開ですが
(※特に週刊ジャンプのバトル系マンガとか(笑))、

あるキャラクターが敵キャラに敗北して
しばらく戦線離脱するじゃないですか。

で、しばらくして
味方がピンチ!
もうこれは味方陣営がヤバイんじゃないの??

というときに
その戦線離脱してたキャラクターが

「待たせたな」とか
「(味方陣営に向かって)
これくらいで負けてんじゃねーぞ!」
なんて感じで

威勢良く現れては味方陣営を助ける、
という展開がよくあるじゃないですか。

(※ドラゴンボールのナメック星編で言えば
パワーアップしたベジータがまったく手も足も出ず、
フリーザにいいようにやられているところに
負傷から復活してパワーアップした孫悟空がやってきた、
というところとかですよね。)

しばらく、お相手に接しない間に
自分を磨いて高めて続けることで
自分に対する自信をしっかりと持てていたら

上記の例のように
威勢良く自信を持って
お相手に対して普通に接する事が出来るわけです。

逆に言えば、
どれだけ冷却期間を実施しても

肝心の自分磨きが足りていないと
当然ながら自分に自信を持てるわけがなく、

自分に自信が持てないでいるということは
つまり、お相手の心をつかめる自信も
持てていない状態のままなのですから、

そういう状況から脱却・成長できない限りは
いつまで経っても

「冷却期間が終わって、お相手に対して
自分の成長した姿をどのようにアピールすればいいの?」
という不安が心から無くならないわけです。

その不安がなくならないと
当然ながらいつまで経っても
お相手に接する勇気を持てないわけですし、

仮に何らかのきっかけで
お相手に接する事が出来たとしても

上記の不安を克服できていないままだと
お相手に対して自信を持って接する事が出来ず
お相手の心を惹き寄せる魅力も発揮しないし、出来ない。

下手をするとお相手には
「久々に会ったけど・・・
やっぱり別れて正解だったよ!」という感じで
“清々した”というふうに思われてしまうわけです。

復縁成功に進めてる人ほど
『お相手を幸せにしたい!』
という使命感が強いというお話。


という記事でもお話させて頂きましたが、

「私だけが彼を最も幸せに出来る!」 「あの子を本当に幸せに出来るのは俺だけ!」 と、言い切れるだけの自信を持てる人だけが 普通に復縁成功に進んでいけているものなのです。

だから、いつも
自分で自分を豊かにする事を楽しめていて
毎日明るく楽しく生きる事が出来てるなら
何も不安に思う必要はありません。

ありません、というよりも、
そんなに明るく過ごせるようになれてたら
その不安自体、感じることはなくなってますよ^^

そんな明るく前向きで輝いているあなたを そのままお相手に見せてあげればいい。
そうすると、上記のマンガのように
オイシイところを全部持っていけるようになれます。

つまり、お相手に 「おお!すごいね!」とか 「前とは全然違って、すごく素敵・・・」 とか思わせたらあなたの勝ち(=復縁成功に大前進!) ということですよ^^

なので、まだお相手に接していないなら
あなたがこれからも
「(お相手に)素敵だって言わせてやるー!」という感じで
あなた自身を豊かに高める事を楽しめるかどうかが、

冷却期間後のお相手との接触や
復縁成功進展度に大きく影響するということを
あなたにしっかりとご理解頂ければ幸いです。

あなたから先に特に何もしなくても
お相手から先に、そして勝手に
あなたのことを気にしてしまうようになるだけの
自信と魅力をこれから楽しんで作っていってくださいね!^^

応援していますよ!^^

 

SNSでもご購読できます。

復縁に関するアンケートにご協力下さいませ。