フェイスブックでお相手に友達申請する前にこれを気をつけないと復縁失敗に進んでしまいますよ!

※初めてこのブログに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

フェイスブックは利用者が多いですね。

かつては
「今はmixi(ミクシィ)だよ!」
と言っている方が多かったのですが、

そのmixiさんも
かつてほどの勢いは無いですねぇ・・・^^;

ま、それはともかく、

フェイスブックを利用している人が
この2~3年でよく増えたためか、

最近の復縁・恋愛相談のひとつに
「愛するお相手に友達申請しても大丈夫ですか?」
というものがあります。

それに対する僕の答えは
今も昔も

「お相手としっかりと
距離を縮める事が出来ているなら
友達申請をしても大丈夫だけど、

そうではないならば、
いきなりの友達申請は
応えてくれない可能性があるし、

もし、お相手に嫌われている場合は
いきなりブロックされてしまう可能性さえある。」

で、あることに変わりません。

あなたもフェイスブックを利用しているならば、
分かるかと思いますが、

mixiやツイッターやブログなどとは違い、
フェイスブックは実名登録での利用が基本です。

つまり、mixiたちとは違い、
利用者のプライベート性がより出てしまうので、

そんなプライベート性の高いものを
人は基本的には
「あんた誰?」的な人には
そう簡単には見せる事が出来ないものなのです。

あなたもフェイスブックを利用しているならば
もしかしたら経験があるかもしれませんが、

「あんた、どこの誰やねん!」
なんてツッコミを入れたくなるような人から
友達申請をされた経験があるならば、

やっぱり、そういう人に対しては
友達承認はなかなか出来ないものですよね。

 

(※ちなみに僕は最近、
友達申請の際、
僕にメッセージを送ってきていないユーザーさんに対しては
友達承認をしないようにしました。

ただし、
実際に会ったことがあるユーザーさんや

会ったことは無いけど、
僕に今まで多くご相談頂いているユーザーさんの場合は

メッセージを頂かなくても
即座に承認させて頂いていますが^^)

 

まあ、それだけ
フェイスブックを利用している方たちは
『信頼』を大事にしているわけです。

だから、復縁したいお相手と
フェイスブックで友達申請してつながりたい場合は、

なおさら、まずは友達申請よりも
お相手にどれだけ信頼されているか?
それをきちんと理解しなければいけません。

当たり前の話ですが、
たとえば、愛するお相手から
「もう二度と連絡してこないで!」
という言葉を言われている復縁希望者さんの場合は

そんなお相手との距離を縮めていない状態で
お相手に友達申請をしたところで
ブロックをされる可能性が極めて高い、

ということくらい、
あなたにだって簡単に分かることでしょう。

逆に、別れて現在
お相手とはやりとりが普通に出来る状況ならば、

友達申請をしても
承認してくれる可能性は“ある”わけです。

でも、“ある”だけであって、
“高い”わけではありません。

「別れて現在は普通にやりとりは出来るけど、
自分のページを見られるのはちょっと・・・。」

というふうにお相手が考えているならば、
やはり、それは
お相手からの信頼が足りないと言える証拠ですよね。

また、他にも、
お相手に新しい恋人が出来ていて

その恋人とのやりとりや
ツーショットの写真などを
タイムラインに載せている場合は

お相手が「見せても大丈夫」と
普通に思ってくれるだけの信頼を得ていなければ
友達承認をしてくれない可能性はあるわけです。

ということで、
愛するお相手とフェイスブックでつながりたいならば、

お相手に友達申請をする前に
お相手が友達承認をしてくれるほど
信頼してくれているかどうか?

それをまず先に確認してくださいね。

ネットでの気軽さゆえに
そういう配慮が欠けてしまいやすいものですし、

また、お相手への配慮が欠けてしまうと
友達承認されないどころか、
お相手に距離を置かれてしまう可能性だって
高まってしまう可能性がありますからね。

そして、お相手に友達申請をしても
承認してもらえる自信が無いならば、

友達申請をしないで、
「フェイスブックあるある」などをネタに
フェイスブックに関する雑談を繰り返すことで、

お相手にフェイスブックのことを意識させつつ、
なおかつ、フェイスブックのネタで
お相手に少しでも楽しい想いをさせてあげることで

お相手との距離を縮め、
友達申請を承認してもらえる自信を作っていくことを
優先して行っていってくださいね^^

ちなみに
「フェイスブックあるある」とは

『笑ったらシェア』のような
いわゆる「シェア系」のフェイスブックページで
投稿されている内容をネタに
お相手と共感し合あうことや、

お相手の好きなことや趣味に関するフェイスブックページ

(※例:
お相手が好きな芸能人のページ、
お相手が応援しているプロ野球球団の公式ページ、
お相手が好んで見ているTV番組のページなど。)

などに投稿されている内容で
お相手と共感し合うことを、

僕は勝手ながら
「フェイスブックあるある」と呼んでいます。

フェイスブックが今主流のSNSになっているのも、
「いいね」や「シェア」の機能のおかげであり、

それはつまり、
人は自分が良いと思ったものを
他人にアピールすることで
自分自身を認められたい願望・心理を
「いいね」や「シェア」の機能で満たす事が出来ているから、
なんです。

実際に、あなたもフェイスブックを使っているなら、
あなたが投稿した内容やコメントに対して
友達からいいねを押されると
認められた感じがして嬉しいと思った事があるはずです。

・・・

ここまで読んで頂いて、いかがでしたか?

フェイスブックは流行しているツールではありますが、
フェイスブックに限らず、どんなことにも言えますが、

相手に対する配慮や心遣いが欠けていると
相手からの信頼を得ることは出来ない

ということを
あなたにはこれからも
絶対に忘れないで頂きたいと僕は思います。

そして、復縁が上手くいく人ほど
お相手からの信頼を得るのが上手なうえに、

お相手からの信頼をたくさん得るために
お相手に対して
いつも最大限の配慮や心遣いを行っている

ということも
あなたには忘れないで頂きたいと思います。

ということで、これから
お相手と楽しくフェイスブックでつながっていってくださいね^^

応援していますよ!

 

関連記事もご覧下さい



よしのぶに復縁相談のコメントのご投稿をご希望の場合は
【復縁相談無料掲示板(←クリックしてください)にコメントして下さい。
(上記復縁相談無料掲示板以外への復縁相談コメントは非表示ならびに削除させて頂きます。

また、ご投稿頂く際のお名前はニックネームでもかまいませんが、
だからといって、ご投稿者名があまりにふざけたものであったり、
「イニシャル」や「匿名」である場合のコメントも非表示並びに削除させて頂きます。)

コメントを残す