「どの方法を使えば復縁出来るの?」と悩んでるままでは復縁が進まない。その理由とは?


↓あなたの復縁のお悩みを解決できる記事を検索できます。


※初めてこのブログに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

おかげさまで僕は
いつも多くの復縁希望者さんたちから
ご相談を頂くのですが、

「どういう方法を使えば復縁出来るの?」
というふうに悩まれてる方ほど
残念ながら復縁を進める事が出来ていません^^;

まあ、理由は簡単なんですけどね^^;

たとえば、
『1日1円を確実に貯めたら
30日後には絶対に30円貯まってる』
ということとは違い、

復縁はやはり、お相手次第ですから
「こういう方法を実践すれば
必ずお相手とやり直せる」というものは
残念ながら明確には存在しません。

それに何より、復縁だけに限らず、
すべての人間関係において
必要で大事なものは『信頼の獲得と積み重ね』ですから、

何らかの方法を実践するだけで
お相手とやり直せるくらいなら
そもそも、お相手と別れるようなことにはなっていないですから。

お相手と別れることになるということは
少なからず何かが理由で
お相手からの信頼を失くしてしまったから、
ということを忘れてはいけませんよ。

で、
「どの方法を使えば復縁出来ますか?」
というご相談をお寄せ下さる復縁希望者さんたちには

僕はいつも
「では、今一番したいことって何ですか?」
と、逆に質問しています。

で、復縁を上手く進めることが出来ていない人ほど
「お相手とやり直したい!」
と、お返事されます。

それはもちろん当たり前ですよね^^;
お相手とやり直したいからこそ
復縁を頑張ってるはずなのですから。

僕がいつも言ってるのは
「復縁したいからこそ、今したいことは何?」
ということであって、

復縁成功のために
今したいことを出来るようになれれば

お相手との距離の縮め方や方法も
きちんと見えてくるわけなんですよね。

※関連記事
お相手と復縁したいからこそ、あなたはどうしたいのか?

で、たとえば、今のあなたがしたいことが
「お相手と今度の週末に会いたい!」だとしましょう。

で、今のあなたは
お相手と別れてまだ2ヶ月ほどで、

別れ方もどちらかと言えば
お相手に嫌われたような感じだったので

今はまだ、連絡をしても
応えてくれない可能性があるかもしれないし、

また、今後、
お相手と良い関係を築くためにも
今は冷却期間の実施が必要だということを
あなたは頭の中で分かっているとしましょう。

それでもあなたは
「お相手と今度の週末に会いたい!」
というのが、今一番したいことだと。

この例で言えば
やはり、今は冷却期間を置くのが
最も正解に近いですよね。

でも、
「お相手と今度の週末に会いたい!」
という願望を叶える事を貫く方が良いのか?

それとも、やはり、
ここはきちんと冷却期間を実施する方が
今後の事を考えると良いのか?

そのどちらがいいのか?
ここであなたは自分でその答えを決める事が出来るわけですし、

また、ここであなたが
答えをきちんと決めてこそ

あなたはきちんと納得して
次の段階に進めるわけです。

何でもそうなんですが、
最終的なことは自分で決めるしかありませんし、
また、自分で決めなければいけません。

この例で言えば
人それぞれ、様々な意見があるでしょう。

「お相手が会ってくれそうなら
週末に誘ってみてもいいんじゃない?」
という意見をする人もいれば

「お相手に嫌われた感じで別れて、
まだ2ヶ月くらいなんだったら
今はまだ、会わないほうがいいんじゃないかな?」
という意見をする人もいる。

正解は残念ながら神様しか分からない。

だから、どちらの答えを選んだとしても
後悔しないようにしないといけない。

あとで
「やっぱりこうしておいたほうが良かった・・・」
なんて後悔してしまうようなことにならないためにも。

そして、何より、
『自分で決断できる力』が弱い人ほど
復縁成功には進めていません。

これはもう、多くの復縁成功者さんと
それ以上の多くの復縁失敗者さんを
見続けてきた僕だからこそハッキリ言えることです。

自分で自分の事を
しっかりと決める事が出来ない人ほど

「あの方法がいいよ」
と言われたらそっちに行き、

「やっぱりこうした方がいいんじゃない」
と言われたらそっちに行く、

というような
いわゆる『右往左往』ばかりしてしまってるので
なので一向に成功のほうに進めていないんですよね。

逆に、
(復縁だけに限らずですが)
物事を成功できる人は

悩むことはもちろんあるけど、
最終的には自分で自分の事をきちんと決断しているものです。

で、自分で自分のことをきちんと決める事が出来ず
上記のような感じで右往左往して
悩み迷い続ける人ほど
結局は自分を信じる事が出来てないんですよね。

だから、
「どの方法を使えば復縁出来ますか?」
という、

言ってみれば
「方法任せ」「他力本願」「依存」
というようなマイナスの言葉が似合う、
そんな復縁失敗候補者さんになってしまってるわけです。

「お相手の事を誰よりも幸せにしてみせる!」
という熱い信念

「お相手の事を本当に幸せに出来るのはこの世で私だけ!」
という熱い自信がある人は

そもそも右往左往しないし、
信念がブレることも無いんですよね。

そんな熱い信念と自信が無いから
だから、「方法任せ」な考え方・姿勢になっちゃうわけです。

ということで、まとめますと、

復縁成功方法には明確な成功方法は存在しない。

お相手を幸せにするという熱い信念と自信が無いと
「方法任せ」「他力本願」「依存」という言葉が似合う姿勢・考え方になり、
復縁成功を自分の手でつかむことは出来ない。

そもそも「どんな方法を使えばいいの?」と悩んでる時点で
お相手を幸せに出来る自信を持てていない。

・・・ということです。

あ。

そうは言うものの、
明確な復縁成功方法は無いわけではないんですよ。

単純明快にして唯一の方法があります。

それは・・・
「お相手に喜んで頂ける事をとことん行う」
ということ。

「それ、いつもやってます!」
なんて鼻息荒くして仰る方が多いですけど、

よくよくお話をお聞きしてみると

「頑張れてるのは確かだけど、
でも、お相手から見れば
それだけではやはり物足りないから
だからお相手も心をいまいち寄せてくれてないんじゃない?」

と、僕が言いたくなるような状況にある方が非常に多いです^^;

お相手のことをとことん喜ばせてあげるにしても
「復縁したいから頑張る」のか?
「お相手に喜んで頂きたいから頑張りたい」のか?

その想い・姿勢の違いだけなんですよね。

で、お相手の喜ぶ事を頑張ってるけど
お相手と上手く距離が縮まってない人ほど
「復縁したいから頑張る」になってるわけです。

つまり、お相手の心を
誰よりもしっかりと満たしてあげることに
本当の意味で心を尽くせていないんですよね。

なので、なおさら
復縁に大事なことは方法ではないということを
あなたにはしっかりとご理解頂きたいのです。

いかにお相手から信頼を多く得られるか?

どれだけ自分から先に
お相手に喜んで頂けることだけに
全力を尽くす事が出来ているか?

お相手の事を誰よりも幸せにしてあげたいという信念と
お相手の事を誰よりも幸せに出来るのは私だけという自信を
どこまで貫けているか?

なのですよ^^

つまりは、何事も自分次第ってことです。

こういう方法を使えば復縁が上手く行きますよー、
なんて方法があるくらいなら
この世に「復縁」という言葉なんてないですよ。

つまり、そんな簡単な方法があるくらいなら
お相手と復縁出来ずに困ってる人なんて
この世に存在していない、という意味ですよ。

精神論ばかりのお話になりましたので
テクニックやノウハウを優先してる方たちには
まったくもってつまらない内容になりましたが(すいません(笑))

でも、自分自身の心のあり方に
迷いやブレがある状態では
どんな方法を実践したところで
残念ながら成功には到達しないわけですから。

いかがでしたか?

では、最後に僕からあなたに質問です。

『お相手の事を誰よりも幸せにしてあげたいという信念』と、
『お相手の事を誰よりも幸せに出来るのは私だけという自信』を、
それぞれ数字にしたらどれくらいありますか?

1(最低)~100(最高)の間で答えて下さい^^

それらを数字にしてみれば
今のあなたの復縁活動におけるポジションがどこなのかが、
よーく見えてきますよ^^

ちなみにどちらかの数字が50以下ならば
お相手に接することは控えて
冷却期間と自分磨きに集中した方が良いでしょうね^^

逆に、上記ふたつともの数字が
(100ではなく)120を上回ってるのであれば

もうすでにあなたは
何らかの方法でお相手と接して
お相手と確実に距離が縮まっているはずですよ^^

(というより、ふたつとも120を上回ってるくらいなら
そもそも、この記事を読む必要もない状態でしょうけどね(笑))

まずは自分次第であるということと、
そして、すべては自分が決めることだということこそが
復縁成功方法の基本軸だということを
あなたにしっかりとご理解頂けましたら幸いです。

応援していますよ!^^

 

■関連記事もご覧下さい



よしのぶに復縁相談のコメントのご投稿をご希望の場合は
【復縁相談無料掲示板(←クリックしてください)にコメントして下さい。
(上記復縁相談無料掲示板以外への復縁相談コメントは非表示ならびに削除させて頂きます。

また、ご投稿頂く際のお名前はニックネームでもかまいませんが、
だからといって、ご投稿者名があまりにふざけたものであったり、
「イニシャル」や「匿名」である場合のコメントも非表示並びに削除させて頂きます。)

コメントを残す