距離を置くのは嫌だ!というあなたのための復縁成功の基本とは?


↓あなたの復縁のお悩みを解決できる記事を検索できます。


初めてこのブログに来られたあなたはまずこちらの“もくじ”を読んで下さいね♪

どうも最近、距離を置くことに関して
ネットで検索して、このブログに来られる方が多いですね。

まあ、お気持ちは分かります。

出来ることなら、
お相手と距離を置きたくないでしょうし、
また、お相手から距離を置かれたくないでしょう。

なので、お相手に会えるなら
今すぐにでも会いに行きたい!と思うのも
それは普通だと僕は思いますので、
ダメだとは僕は言いません。

ただ、あなたが今まで僕に相談したことがないなら
あなたの今の状況が僕には分からないので
今回は何とも言えない部分がありますが、

距離を置かなくても
お相手が会ってくれるなら
いくらでも好きなだけ会いに行けばいいでしょう。

でも、お相手が会ってくれなさそうならば
やはり、距離を置くことが
今一番行うべきことではないでしょうか。

ただ、大事なことは
距離を置くことではありません。

あなたがそれだけ
人として魅力的な存在に成長できるかどうかです。

いくらお相手と10年距離を置いたとしても
せっかくお相手に会えても

「別れた時と何も変わってないね。
別れて正解だったよ。」

なんてお相手に言われてしまうようでは
10年距離を置いたとしても何の意味も無いわけです。

距離を置くのも置かないのも
お相手に今会いに行くのも行かないのも
あくまでもあなたのご自由です。

ですが、自由だということは
責任も全部自分で負わなければいけない、
ということを忘れてはいけません。

つまり、たとえばあなたの今の状況が
お相手と距離を置かないといけない状況なのに

にも関わらず、
お相手に会いに行ってしまったために
お相手に余計に距離を置かれてしまうことになるなら

そのリスクと責任はあなたが100%、
あなたひとりで背負わなければいけない。

なので、感情に身を任せてしまいたいなら
それはあなたの自由ではあるけど、

何の考えもなしに、
心の赴くままに自由に動き回って、

その結果が
『お相手との関係の悪化促進』になるようでは
あなたの復縁成功の可能性はどんどん無くなるということです。

本当にお相手とやり直したいなら
自分をきちんとコントロールできるようになることも必要です。

何でもかんでも
感情に身を任せるような行動を起こしては
あなたは自分で自分の首を絞めてしまうことになるだけです。

ということで
距離を置くのは嫌だ!という
あなたのための復縁成功の基本とは

お相手と会えばなんとかなるという甘い考えを持たない
(その行動を起こして失敗したら
余計にあなたの心が壊れることになるから。)

お相手に会わないとチャンスを失くしてしまうという考え方で
焦って急いでお相手に会おうとするその行動は

「閉店間際で半額にしても売れ残ってる惣菜を
さらに半額(つまり、元値の4分の1)にして
無理矢理売ろうとする」くらい
自分で自分の価値を下げてしまうことになる

(イコール、下手をすると
都合のいい関係で一生終わってしまう可能性大)

ということをきちんと理解すること。

あなたが焦ってお相手に会いに行かないといけないようでは
お相手の心を振り向かせることは
ほぼ不可能だということを理解すること。

・・・・・

という感じです。

お相手に会いに行くな、ということではありません。

会いに行くのはあくまでもあなたの自由です。

でも、自由だからこそ
その責任とリスクも100%全部
あなたひとりで背負い受け入れなければいけない

つまり、『逃げ道が絶対に無い』ということをきちんと理解すること。

それをきちんと理解できていれば
お相手に会いに行くのはいつがいいのかくらい
本来自分できちんと見えてくるわけですし、

また、お相手に会いに行くために
まず何を頑張るべきなのかも
本来きちんと分かるはずなのですから、

不安や焦りで心を支配されて
取り返しの付かない行動を絶対に起こさないように
十分気をつけてくださいね。

今動かないといけないと焦るようでは
成功のチャンスなど絶対につかめないのですから。

いかがでしたか?

応援していますよ!^^

 

■関連記事もご覧下さい



よしのぶに復縁相談のコメントのご投稿をご希望の場合は
【復縁相談無料掲示板(←クリックしてください)にコメントして下さい。
(上記復縁相談無料掲示板以外への復縁相談コメントは非表示ならびに削除させて頂きます。

また、ご投稿頂く際のお名前はニックネームでもかまいませんが、
だからといって、ご投稿者名があまりにふざけたものであったり、
「イニシャル」や「匿名」である場合のコメントも非表示並びに削除させて頂きます。)

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください